So-net無料ブログ作成

日本ケベック学会2013年度全国大会:AJEQ Congrès annuel 2013 [写真]

AJEQ 2013年度全国大会(2013年10月12日)於関西学院大学
Congrès annuel 2013: le samedi 12 octobre 2013 à Université Kwansei Gakuin

9:45-10:00 開会 Ouverture
大石太郎(大会実行委員長 関西学院大):ルース・グルーベル(関西学院院長)の挨拶
OISHI Taro (Kwansei Gakuin): Ruth GRUBEL (Chancelière, Kwansei Gakuin)
131012a6.jpg131012b6.jpg
小倉和子(AJEQ会長、立教大学):クレール・ドゥロンジエ州政府在日事務所代表の挨拶
OGURA Kazuko (AJEQ, Université Rikkyo): Claire DERONZIER (Déléguée générale du Québec au Japon)
131012c6.jpg131012d6.jpg
動画(小倉AJEQ会長挨拶):Video (OGURA Kazuko)
https://docs.google.com/file/d/0BwdfatMQgtDzSlE0blgyaU9VMGs/edit?usp=drive_web

10:00-12:00 自由論題セッション Communications
司会: 廣松勲(日本学術振興会特別研究員PD);
(1) 神崎舞(大阪大学大学院)「ロベール・ルパージュ作品における映像術」の発表と討論
131012e6.jpg131012f6.jpg
(2) 矢内琴江(早稲田大学大学院)「フェミニスト・アートのコミュニティ形成に関する研究」の発表と討論
131012g6.jpg131012h6.jpg
(3) 陶山宣明(帝京平成大学)「ケベックとスコットランドのナショナリズム比較」の発表と討論
131012i6.jpg131012j6.jpg
(4) KO Hyesun (Université Catholique de Corée) 「Dedans ou dehors? La question de la réalité et du fantastique autour d'un mur: une étude sur Le trou dans le mur de Michel Tremblay」の発表と討論
131012k6.jpg131012l6.jpg
-----------------------------------------------------------------------
12:45-13:30 総会 Assemblée générale
開会(矢頭)、議長(丹羽)選出:
開会 131012Xa3.jpg131012Xb4.jpg131012Xc4.jpg
報告事項:活動報告(小松)、各部署報告(立花、伊達、宮尾)、日ケ40周年記念事業(小倉)、入退会報告(小松)
報告 131012Xd3.jpg131012Xe4.jpg131012Xf4.jpg
審議事項:決算(関)、監査(曽田)、予算案(関)、規約改正(小倉)、顧問選任(小松)[ドゥロンジエ代表選任]、名誉会員指名(小松)[シャロン前代表他2名]、事業活動計画(矢頭)、第6回大会開催校(矢頭)[候補1. 立教大学、2. 跡見女子大学]、閉会(矢頭)
審議 131012Xg3.jpg131012Xh4.jpg131012Xj4.jpg
AJEQ奨励賞受賞:山口いずみ(津田塾大学)、飯笹佐代子(東北文化学園大学)
授賞式(飯笹)131012Xk5.jpg131012Xl5.jpg
----------------------------------------------------------------------
13:30-15:30 ワークショップ(共催:ベルギー研究会)
「ケベックとベルギー:フランス語圏の多元社会 ー言語、政治、文学ー」
司会:大石太郎(関西学院大学);コーディネーター:真田桂子(阪南大学)
(1) ケベック学会:荒木隆人(京都大学法学研究科)「マルチナショナル連邦制におけるケベックの人権を巡る論争についての考察」(写真左)
(2) ベルギー研究会:石部尚登(日本大学)「フラーンデレンおよびワロニーにおけるケベックの言語政策の影響」(写真右)
131012m6.jpg131012n6.jpg
(3) ベルギー研究会:三田順(日本学術振興会)「ベルギー・フランス語文学におけるアイデンティティーの形成と対立」(写真左)
(4) ケベック学会:真田桂子(阪南大学)「「国民文学」から「移動文学」へ;ケベック文学における多元化とその波及」(写真右)
131012o6.jpg131012p6.jpg
コメンテーター:丹羽卓(金城学院大学 ケベック学会)岩本和子(神戸大学 ベルギー研究会)
131012q6.jpg131012r6.jpg
質疑応答:会場からの質問に答えるワークショップ発表メンバー
131012s6.jpg131012t6.jpg

15:45-16:30 基調講演 Conférence (フランス語)
司会:小倉和子(立教大学)・通訳:平林通洋(立教大学);
Présentatrice, OGURA Kazuko; Interprète: HIRABAYASHI Michihiro (Université Rikkyo)
講演者 ウーク・チョング(作家);Ook CHUNG (écrivain)
「ケベック・韓国・日本の狭間で書く」;Ecrire entre Québec-Corée-Japon
131012u6.jpg131012v6.jpg
131012w6.jpg131012x6.jpg

16:30-18:00 日ケ交流40周年記念シンポジウム
Symposium en commémoration des 40 ans de relations Québec-Japon
「ケベックの創造性―ナショナルとトランスナショナルの狭間で」;Le Québec et sa créativité: entre le national et le transnational
司会:立花英裕(早稲田大学);Modérateur: TACHIBANA Hidehiro (Université Waseda)
(1) 「『遠くて近いケベック』...そして日本」;"Le Québec si lointain, si proche"...et le Japon
池内光久(日本カナダ検定協会)、小倉和子(立教大学)、小松祐子(筑波大学)
(2) 「ウーク・チョング『キムチ』に見られるアイデンティティ探求の文化横断トポス」
Le topos transculturel de la quête identitaire dans Kimchi de Ook Chung
シン・ジュンガ(韓国外国語大学校);SHIN Junga (Université Hankuk des études étrangères)
コメンテーター:ウーク・チョング;通訳:ディディエ・シッシュ(甲南大学)
Commentateurs: Ook CHUNG; Interprète: Didier CHICHE (Université Konan)
131012y6.jpg131012z6.jpg
フロアーからの発言(ケベックでのインタビューについて)と通訳およびコメント
マルク・ベリボー(ケベック州政府在日事務所)、天野僖巳(ケベック州政府在日事務所)
Marc BELIVEAU: AMONO Kimi (Délégation générale du Québec à Tokyo)
131012za6.jpg131012zb6.jpg

18:00 閉会 Clôture: 18:30-20:00 懇親会 Soirée amicale
--------------------------------------------------------------------------

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。