So-net無料ブログ作成

2012年度韓国ケベック学会コロック参加報告 [報告]

2012年度韓国ケベック学会コロック参加報告 (12/2)

参加者:立花英裕副会長、廣松勲会員

Colloque de l’Association Coréenne d’Études Québécoises

Date : le 24 novembre 2012 : 14:00 ~ 19:00(予定終了時間は18 :00)
Lieu : Université Sungkyunkwan (Salle de Toegye, Bâtiment des sciences humaines, salle 31709)
Organisation : Association Coréenne d’Études Québécoises
Hôtes : Centre des Études Francophones de l’Université Sungkyunkwan
Parrainage : Bureau du Québec à Séoul, Université Sungkyunkwan
(プログラムは写真の下に掲載)

報告(立花英裕副会長、廣松勲会員):
2012年11月24日(土)に、韓国ソウルの成均館大学にてACEQの年次コロックが開催されました。滞在中は、大学直近にあるInternational Houseという大学のゲストハウスに滞在させて頂きました。また、学会前夜には、Lee Jisoon先生やHan Yongtaek先生に三清洞(サムチョンドン)にある伝統料理のレストランにも連れて行って頂きました。
当日の早朝には、コロック開始時間が午後14時(受付は13時半~)ということもあり、成均館大学の学生に案内してもらい、構内の一部を見学することができました。丘陵にある大学構内には、歴史的建造物も多く保存されており、とても興味深い散策となりました。また毎週末には伝統的な結婚式が行われるということで、短い時間ながらも式を見学しました。
12時過ぎからは、ACEQの現会長Lee Jisoon先生(成均館大学)や前会長Han Daekyun先生(清州大学)、学会当日直前まで様々な連絡をして頂いたHan Yongtaek先生(檀国大学)、さらに幹事長のLee Insook先生(漢陽大学)やChung Jiyong先生(成均館大学)と一緒に、学食の教職員食堂にて昼食を頂きました。その後、全員で会場に徒歩で向かいました。
14時を少し過ぎて、コロックが始まりました。参加者は20人強ほどでした。まず第一部は、廣松によるエミール・オリヴィエに関する発表と立花英裕副会長によるダニーラフェリエールに関する発表(いずれもフランス語)が行われました。
廣松勲会員の発表は、エミール・オリビエの小説Passages、La Brûlerieを中心に、モントリオールに亡命の日々を送る人々の存在のあり方やアイデンティティを問うものでした。発表において重点がおかれた小説La Brûlerieは亡命知識人が集まるカフェの名前でもあり、モントリオール大学近く、la Côtes-des-Neigesの通りに面したカフェを舞台として、そこに集まる人々の日常描写と彼らの言葉、それを通して見えてくる、帰還への想いが募る祖国ハイチと、通過の土地モントリオールとの間に開かれる空間の構造が詳細に分析されていました。コメンテーターの KIM氏からはutopieとdystopieについて質問が出るなど、会場との意見交換も含めて、内容の濃い、充実した発表でした。
立花英裕副会長のご発表は、2011年10月に初来日を果たしたダニー・ラフェリエール氏の処女作『二グロと疲れないでセックスする方法Comment faire l’amour avec un nègre sans se fatiguer ?』を主たる分析対象としたものでした(本作は2012年12月に副会長による邦訳が刊行予定)。特に作家としてのラフェリエールの誕生や本小説の物語世界が、どのようにモントリオールという都市空間の文化的交流・多文化性と関連するのかを、時に映像資料も用いながら論じられました。会場からは時折笑い声が上がり、とても興味深い発表でした。
その後、一時の休憩をはさみ、第二部ではAntoine Coppola先生(成均館大学)による「シネマディレクト」に関する発表(フランス語)が行われ、次に、Ko Hyesun先生(韓国外国語大学)によるミシェル・トランブレイに関する発表(韓国語)、そしてLee Jisoon先生とLee Jooyoung先生(成均館大学)によるワジディ・ムアワドに関する発表(韓国語で、発表者はLee Jooyoung先生)がありました。
 コロック終了後は、大学から少し離れた大学路(テハンノ)近くにあるレストランにて第一次懇親会が行われ、その後引き続き第二次懇親会が行われました。コロック中には話すことのできなかった先生方と交流を深めることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
コロックの前段階から当日に至るまで、ACEQの方々には様々な形でおもてなしをして頂きました。改めて深謝をさせて頂きたいと思います。
------------------------------------------------------------------
夜の正門
10夜の正門.jpg
明倫堂
10明倫堂.jpg
600周年記念館
10-600周年記念館.jpg
立花副会長の発表
10立花先生発表.jpg
廣松会員の発表
10廣松会員発表.jpg
------------------------------------------------------------------
Programme :
◇◆ Colloque de l'Association Coréenne d'Études Québécoises ◆◇
◇ Fécondité et hétérogénéité culturelle ◇

Date : le 24 novembre 2012, 13h30∼18h
Lieu : Université Sungkyunkwan (Toegye Hall of Humanities, salle 31709)
Organisation : Association Coréenne d'Etudes Québécoises
Ho_tes : Centre des Etudes Francophones de l'Université Sungkyunkwan
Parrainage : Bureau du Québec à Séoul
Université Sungkyunkwan

PROGRAMME DU COLLOQUE

13:30~14:00 Inscription
14:00~14:10 Paroles d'inauguration - Ji-soon LEE(Univ. Sungkyunkwan, présidente de l'ACEQ)

1ère Session Modérateur : Choong-hoon LEE (Univ. Hanyang)
14:10~14:50
◇ Espace et identité : la description spatiale chez Émile Ollivier
- Isao HIROMATSU (Societe Japonaise pour la Promotion de la Science)
débatteur : In-kyung KIM (Univ. Feminine Seoul)
14:50~15:30
◇ Dany Laferrière et l'espace urbain
- Hidehiro TACHIBANA (Univ. Waseda)
débatteur : Ok-keun SHIN (Univ. Nationale de Kongju)

15:30~15:50 Pause

2ème Session Modérateur : Yong-cheol LEE (Univ. Ouverte Nationale de Corée)
15:50~16:30
◇ Le cinéma-vérité dans le film « La Lutte » de Michel Brault
- Antoine COPPOLA (Univ. Sungkyunkwan)
débatteur : Heui-tae PARK (Univ. Korea)
16:30~17:10
◇ La littérature fantastique québecoise dans les années 60 et Michel Tremblay
- Hye-sun KO (Univ. Nationale de Seoul)
débatteur : Joong-hyun KIM (Univ. Hankuk des Etudes Etrangeres)
17:10~17:50
◇ Le silence et l'écriture dans « Incendies » de Wajdi Mouawad
- Ji-soon LEE/Joo-young LEE (Univ. Sungkyunkwan)
débatteur : Ki-hyun PARK (Univ. Nationale de Chonnam)

17:50~18:00 Debat et Clôture
-------------------------------------------------------------------

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。