So-net無料ブログ作成

会員による新刊紹介:小畑精和著『カナダ文化万華鏡』 [資料紹介]

新刊書紹介:小畑精和『カナダ文化万華鏡:「赤毛のアン」からシルク・ドゥ・ソレイユへ』(4/5)

小畑精和著『カナダ文化万華鏡:「赤毛のアン」からシルク・ドゥ・ソレイユへ』(明治大学リバティブックス、2013年3月、3,465円)

 拙著『カナダ文化万華鏡---「赤毛のアン」からシルク・ドゥ・ソレイユへ』が明治大学出版会から刊行されました。カナダを通して、文化を読む楽しみを味わっていただくのが出版のねらいです。多文化主義も、他者を理解しようとする好奇心がなければ、格差を放置する道具に堕してしまいます。カナダの想像力を、リアリズムとキッチュをキーワードに考察してみました。(小畑)

(以下は明治大学出版会2012年度発刊のご案内」より引用)
 『赤毛のアン』から『タイタニック』まで、J・ミッチェルからシルク・ドゥ・ソレイユまで、多文化主義を掲げるカナダ文化を初めて包括的に捉えた注目の書。想像力豊かなカナダ文化の精神的特色は、「サバイバル」にあった!
■目次
序論
(第1章 文化を語る際の留意点/第2章 リアリズムとキッチュ)
第1部 サバイバル
(第1章 M・アトウッドのサバイバル論ーー犠牲者の四つの態度/第2章 『タイタニック』ーーサバイバルの代名詞/『赤毛のアン』ーーイギリス系のサバイバル/ほか)
第2部 ありのままの現実・見えにくい現実
(第1章 アメリカ化しないカナダーー「炎と水」/第2章 フランコフォンの変容/第3章 現実と向き合う歌/ほか)
結論にかえて
(あとがき/参考文献/索引)

本書に関するサイト:http://honto.jp/netstore/pd-book_25571788.html
--------------------------------------------------------------------------

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。