So-net無料ブログ作成

「現代のケベック」講座:沼田貞昭元駐加日本大使(12/13@明治大学) [報告]

「現代のケベック」講座(12/13):沼田貞昭元駐加日本大使・鹿島建設顧問 (12/13)

講師:沼田貞昭元駐加日本大使・鹿島建設顧問
題目:「外交官の目から見たカナダとケベック」
日時:2011年12月13日(火)13:00-14:30
場所:明治大学リバティタワー1143教室
コーディネーター:小畑精和(AJEQ会長、明治大学教授)

コーディネーターの小畑教授と講演者の沼田大使、駐加大使としての経験談を交えた講演
111213Qa.jpg111213Qb.jpg
カナダでのフランス語の先生より伝授されたケベックの曲を弾き語りで披露する沼田大使
111213Qc.jpg111213Qd.jpg
小畑教授と池内講師によるカナダ・ケベックと仏・英・米との比較や関係についての質問
111213Qe.jpg111213Qf.jpg
(報告)
 まず、沼田大使はカナダとケベックの特徴を概観した後、カナダが政府の効率性、経済発展、環境面などで国際的に非常に評判が高い国であることを強調。その上で、カナダのアイデンティティが、「サバイバル」つまり「生き残り」であることを指摘。それは美しいが冬は厳しい自然を生き延びてより強くなる「頑張り」を意味しているとの解釈を示した。
 またケベックについては、カナダが様々な国からの移民で成り立つ「サラダボウル」ないし「モザイク」の社会と言われるのに対して、ケベックは「マルチ・カルチャリズム」をさらに発展させ、多様な文化を融合した「インター・カルチャリズム」を達成したことが特徴で、それは香港系やハイチ系のケベック人が総督になるという人事により象徴されているとのこと。
 さらに、政治面での連邦とケベック州との関係、およびケベックの国際・外交関係について詳しい説明があり、また文化面でのケベックの感受性の強さについて、日本の伝統文化である華道や茶道についてカナダ人の中でもケベック人が特に興味を示す傾向があることも指摘された。
 その上で、沼田大使は駐加日本大使の時代に、吟遊詩人のシンガーソングライターだったフランス語の先生から習ったというケベックの歌「小さな幸せ君」を、ギターの弾き語りで披露。参加学生の拍手喝采を浴びた。
 質疑応答では、カナダ・ケベックとフランスとの比較、英語圏との違い、またカナダが英国から独立していないように見えることなどの疑問が出され、興味深い討論となった。
 駐加日本大使として、カナダやケベックの人々や文化や自然と接した体験談に基づいた沼田大使の興味深い講演と弾き語りのパフォーマンスに参加者たちはすっかり魅了されたようであった。
(文責:宮尾尊弘)

「現代のケベック」講座:クロード=イヴ・シャロン代表(12/6@明治大学) [報告]

「現代のケベック」講座(12/6):クロード=イヴ・シャロン・ケベック州政府在日事務所代表 (12/6)

講師:クロード=イヴ・シャロン・ケベック州政府在日事務所代表
題目:「Le Plan Nord: ケベック北部開発について」
日時:2011年12月6日(火)13:00-14:30
場所:明治大学リバティタワー1143教室
コーディネーター・通訳:小畑精和(AJEQ会長、明治大学教授)

コーディネーターの小畑教授と講演者のシャロン代表、フランス語で講演するシャロン代表
111206AJEQ0.jpg111206AJEQ1.jpg
活発な質疑応答、池内講師による質問とコメント、および学生による質問
111206AJEQ2.jpg111206AJEQ3.jpg
(報告)
 まず、シャロン氏はケベック北部の景色や自然、またそこに住む先住民族(ファースト・ネーション)の生活などをスライドの写真を使って詳しく説明し、現代的な課題として、レアアースのような貴重な資源の存在と先住民族の間での生活上の問題点を指摘した。
 その上で、これから25年という長期にわたって行われるケベック北部開発(Plan Nord)のプロジェクトについて詳しく解説し、それがエネルギーや資源の開発を目指すとともに、先住民族の生活向上と環境の保護を同時に達成するような投資を行い、ケベック州内の南北問題を解消することが目的であると主張。さらにこのプロジェクトを推進するための国際協力にも言及し、日本もレアアース獲得のために積極的な協力と投資を行うという見通しを示した。
 講義の後に活発な質疑応答が行われ、その中で池内光久多摩大学大学院特別特別講師が、この北部開発プロジェクトは、ケベックにとっての「第二の静かな革命」になる可能性があるのではないかという指摘があった。それに対して、シャロン氏は、このプロジェクトの主要な柱としてケベック北部の開発とともに教育という側面があるので、文字通り「第二の静かな革命」になり得るという見解を示した。
 学生たちからも色々な質問が出て、シャロン代表と活発なやりとりが行われ、ケベックの理解が大いに深まった講義であった。
(文責:宮尾尊弘)

「現代のケベック」講座:池内光久講師(11/29@明治大学) [報告]

「現代のケベック」講座(11/29):池内光久多摩大学大学院特別講師(12/6)

講師:池内光久多摩大学大学院特別特別講師
題目:「ケベックの産業経済」
日時:2011年11月29日(火)13:00-14:30
場所:明治大学リバティタワー1143教室
コーディネーター:小畑精和(AJEQ会長、明治大学教授)

コーディネーターの小畑教授と講演者の池内講師、ケベックの首相の名前を紹介する池内講師
111129Ikeuchi0.jpg111129Ikeuchi1.jpg
(報告)
 まず、池内氏はケベックの現代史も含めた州の概要について説明し、特にケベック州の経済に関する様々な特徴や指標を提示した上で、大企業の代表として電力会社のハイドロ・ケベックや航空機や車両の生産で有名なボンバルディアなどを取り上げた。
 また、ケベックの主要先端産業として情報、健康関連、医薬品などの分野に言及するとともに、ケベック州南部のいくつかの都市がこのところ産業を発展させ輸出を増加させているという「サクセス・ストーリー」を紹介した。
 さらに、ケベックと日本との経済関係について説明した後に、まとめとしてケベックの強みと弱み、好機と脅威についての分析を示した。強みとしては、フランコフォン文化、豊富な資源、貿易の伸展などがあり、弱みとしては、人口減少や地域格差などがあることが指摘された。
 1時間少々という短い間に、ケベックの歴史、地理、人口、経済、産業、開発などを網羅して説明した上に、州の強みと弱みを対比させ、さらに今後の展望まで示した池内氏の講演は流石であり、ケベックを学ぶ者にとって実に有益な内容であった。
(文責:宮尾尊弘)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「現代のケベック」講座:小松祐子筑波大学准教授(11/8@明治大学) [報告]

現代のケベック」講座(11/8):小松祐子筑波大学准教授(12/5)

講師:小松祐子筑波大学准教授
題目:「ケベックのフランス語」
日時:2011年11月8日(火)13:00-14:30
場所:明治大学リバティタワー1143教室
コーディネーター:小畑精和(AJEQ会長、明治大学教授)
報告
 去る11月8日(火)明治大学における一般公開講座において、AJEQ理事・小松祐子筑波大学准教授による掲題の講義があった。コーディネーターの小畑教授の解説とともに、たいへん興味深く内容の濃い講義であったので、その一端を報告する。
 冒頭セリーヌ・ディオンの「語り」が動画で写されて彼女のケベック・フランス語(以下ケベコワ)の特徴がダイナミックに示され、次いでフランス人によるケベックの開拓史が説かれ、フランスでは「ジュワル」として蔑視されたケベコワも先人の努力が結実して、連邦「公用語法(1969)」や「ケベック・フランス語憲章(1977)」の成立をみることとなった史実が示された。
 次いで、発音や綴りや会話の言い回しなどのケベコワ特有の幾つかの特徴が示されたが、ケベックに居なければ判らないような用語(poudrerie[f] 雪煙、motoneige[f] スノーモビル、dépanneur[m] コンビニ)が紹介された。
 次にケベック特有の現象の一つにカトリック用語から転用された軽蔑語が散見されることが言及された。例えばcalice[m](聖杯)、tabernacle[m](聖櫃)などが、相手を貶す言葉として使用されるという説明に受講生は驚いた。最後に、社会への女性の進出に伴い職業名・職階名をフランスに先駆けて改良していること(例:Madame le président (仏)→Madame la présidente (ケベック))、またITの分野でケベックがフランスをリードしていること(例、メール→courrier[m]、ソフトウエア→logiciel[m]、クリックする→cliquer)などの解説がなされ、ケベック文化の正統性と先進性が浮き彫りにされるという、他では滅多に聴けない講話に、会場は知的興奮に包まれたのであった。
(文責 池内光久)

ジャン=ルイ・ロワ氏講演会(12/2 @明治大学和泉校舎) [報告]

Jean-Louis Roy氏講演会(12/2 @明治大学)小畑精和会長の報告(12/4)

明治大学大学院特別講義ジャン=ルイ・ロワ氏の講演。
講師:Jean-Louis Roy
    (フランコフォニー国際機関第二代目事務総長・元ケベック州政府在仏事務所代表)
題目:「グローバル化世界におけるフランコフォニーの挑戦」(フランス語・通訳あり)
日時:2011年12月2日(金)16:20-17:50
場所:明治大学和泉校舎リエゾン棟L1教室
司会:瀬藤澄彦(AJEQ会員、帝京大学教授)
コーディネーター:小畑精和(AJEQ会長、明治大学教授)

 12月2日(金)に明治大学和泉校舎で、元フランコフォニー国際機関(OIF)事務総長のJean-Louis Roy氏の講演会が開かれた。
 この講演会は瀬藤澄彦AJEQ会員(帝京大学経済学部教授、元JETROモントリオール事務所長)の尽力によって実現したもので、同会員が司会と解説役を務めた。AJEQからは小松祐子理事、鳥羽美鈴会員、仲村愛会員と小畑が参加した。
 グローバリゼーションの中でフランコフォニー国際機関が果たす役割と今後の世界の展望について興味深い講演であった。30名ほどの学生を交え、講演後活発な質疑応答が交わされ、有意義な会であった。
(文責 小畑精和)

写真は、Jean-Louis Roy氏(左)と瀬藤澄彦氏(右)
2011.12.2.J.L.ROY 013.jpg
(写真は小畑会長提供)
-----------------------------------------------------------------------------------

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。